【胸腹部臓器の障害|部位別の後遺障害認定】

一般臓器と生殖器の障害

胸腹部臓器の後遺障害についてまとめました。

 

  • 胸腹部臓器の基礎知識
  • 胸腹部臓器に関する後遺障害等級表
  • 検査と等級認定ルール
  • 認定上の争点になりやすい問題

 

交通事故被害が得意な弁護士に無料相談!

 

胸腹部臓器の基礎知識

交通事故の裁判では、医学的な問題が法学的な問題・事故の物理的な問題とミックスで議論されます。

 

胸腹部臓器の障害であれば、各臓器に関する知識などが前提とされます。

 

ここでも簡単に押さえておきましょう。

 

胸腹部臓器

【胸腹部臓器】

 

胸腹部臓器は、大きく次の5種類に分類されています。

 

呼吸器 肺、気管
循環器 心臓、血管
腹部臓器 食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆のう、膵臓、脾臓
泌尿器 腎臓、尿管、膀胱、尿道
生殖器 睾丸、陰茎(男性)   卵巣、子宮、膣(女性)

 

胸腹部臓器に関する後遺障害等級表

等級一般的な臓器障害生殖器の障害
1級 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの 
2級 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの 
3級 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの 
5級 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの 
7級 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの 両側の睾丸を失ったもの
9級 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの 生殖器に著しい障害を残すもの
11級 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの 
13級 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの 

 

検査と等級認定ルール

臓器の種類別に定量的な等級認定ルールが設定されています。

 

呼吸器
  1. 動脈血酸素分圧と動脈血炭酸ガス分圧
  2. スパイロメトリーの結果および呼吸困難の程度
  3. 運動負荷試験

 

上記3種の検査結果で等級認定されますが、詳細は割愛します。

 

循環器
  1. 心機能低下のMETs値
  2. 除細動器またはペースメーカーの埋め込み
  3. 心臓の弁の置換
  4. 大動脈解離の有無

 

上記4条件の組み合わせで認定されますが、詳細は割愛します。

 

腹部臓器

食道狭窄、人工肛門造設、腸狭窄、用手摘便を要するほどの便秘、おむつが必要な便失禁、肝炎・肝硬変、胆のうや脾臓の亡失などが等級認定されます。

 

各部位に詳細な規定がありますが、割愛します。

 

泌尿器

腎臓については、1側の腎臓亡失の有無でまず分け、糸球体濾過値(GFR)を参照して等級認定します。

 

尿管・膀胱・尿道の障害については、尿路変向術・排尿障害・畜尿障害の状態に応じて、5〜14級が認定されます。

 

詳細は割愛します。

 

生殖器

両側の睾丸/卵巣を失った場合が7級。

 

陰茎を挿入できない(男)、させられない(女)状態が9級。

 

…という具合に状態別に認定基準が定められていますが、詳細は割愛します。

 

認定上の争点になりやすい問題

意外にも裁判で争点になることは少ないそうです。

 

認定には他覚的な器質的所見が必要です。

 

例えば、排尿障害や勃起不全があっても、泌尿器・性器に器質的変化がなければ神経症状として扱われます。

 

交通事故被害が得意な弁護士に無料相談!